ドルフィン・ベイ・ホテル(2018年7月) / ヒロ

               
             

もくじ

ヒロ 地図

広域図

ヒロ 地図(広域図)

拡大図

ヒロ 地図(拡大図)

ドルフィン・ベイ・ホテル #19(2ベッドルーム) Dolphin Bay Hotel #19 (2 Bedroom Apartment)

2018年7月

#19(2ベッドルーム)

$199 / 1泊(3人)

予約窓口 : ドルフィン・ベイ・ホテル 公式サイト

その他取扱い窓口

エクスペディア

Google Maps

ヒロのダウンタウンの北、ワイルク川を渡った先にあるこじんまりとしたホテル。客室数は18室。それに加え、長期宿泊者用に別棟(6室)があります。

以前からずっと気になっていたドルフィン・ベイ・ホテル。やっと泊ってきました!

ドルフィン・ベイ・ホテル

ドルフィン・ベイ・ホテル

アパートのようなホテル

2ベッドルームのお部屋アリ

今回の旅行は、私達夫婦 + みや(姉)の3人。宿は最低でも 2ベッドルームにしたいところ。一般的なホテルでは、そんな部屋は殆どありませんが、ドルフィンベイホテルには 2ベッドルームのお部屋があるんです。そのため即決!

全部屋キッチン付き!

旅行中は全く料理はしませんが、キッチンがあれば湯を沸かしたり、買ってきたフルーツを食べるのも簡単。冷蔵庫もそれなりのサイズのものが用意されているので、2重で嬉しいです。

雰囲気がアパート風

雰囲気がアパート風

要するにコンドミニアム風のホテルなのですが、実際の雰囲気はもの凄くアパート風。洗練されたコンドミニアムに泊るのとは、またちょっと違う空気を感じられるのが、このホテルの良いところ!

予約

予約は公式サイトから行いました。その場合、1泊分のデポジット(前金)が必要になりますが、クレジットカードから引かれるので、特に面倒はありません。

なお、キャンセル料は宿泊日の10日前から発生。それ以降にキャンセルした場合、デポジットは戻ってきません。

チェックイン

オフィスでチェックイン。車はとりあえず、ホテル前の道沿いに路駐。

チェックイン

チェックイン

対応してくれた女性のスタッフは、ヒロのダウンタウンは一方通行が多いことや、当日のヒロで行われているイベントについて力説してくれたり、夜ご飯のことを気に掛けてくれたりと、とても親切。私達を部屋へと案内しがてら、朝食についても説明してくれました。

スポンサードリンク


お部屋紹介

廊下と玄関

味わいのある廊下を通ってお部屋へ。建物脇には駐車場。この造りもまさにアパートそのもの。車は、チェックイン後にこちらに止め直しました。

味わいのある廊下

味わいのある廊下

部屋は2階の一番奥。「19」のお部屋。ドア脇に置いてある年季の入った鉢植えも、まるで住人がいるかのような雰囲気を醸し出しています。

玄関

玄関

なお、この玄関以外にも出入口があります。道路側からアクセスする場合は、こちらから。

正面側の玄関

正面側の玄関

リビングルーム

思ったより広い。

部屋の両脇にはシングルベッド。皆でまったりする時は、ここに寝そべったりソファのように座ったりできるので便利。これプラス、ベッドルームは別に2部屋あります。なんと、最大7人も泊れてしまうお部屋でした!

リビングルーム

リビングルーム

ベッドルームも含め、部屋にはエアコンが一つもありませんが、シーリングファンや扇風機だけで問題なし。意外と涼しいんです。

テレビとデスク

テレビとデスク

デスクには電源タップがあり、スマホやカメラ等の充電をする場所として重宝しました。椅子はありますが、何か作業をする場所にしては、テレビやランプがジャマ。

ベッドルーム(2部屋)

ベッドルームは2部屋。どちらも同じような広さ。特にマスターベッドルーム、セカンドベッドルームなどのように差を付けたりはしていないようです。

どちらのお部屋にも鏡付きのデスクがあり、パソコンや化粧など作業する場所として利用できます。

ベッドルーム(その1)

私達が利用したラナイ側のベッドルーム。この部屋にはクイーンベッド1台の他、シングルベッドが1台ありました。布団は気持ちよくて快眠快適!

ベッドルーム(その1)

ベッドルーム(その1)

反対の角度から

反対の角度から

ヒロの夜は雨が多いので、窓を閉めて寝ましたが、暑くて寝苦しいこともありません。

ベッドルーム(その2)

みやが利用。廊下側のベッドルームです。

ベッドルーム(その2)

ベッドルーム(その2)

窓を開けて寝たら、明朝暗いうちからニワトリが鳴きだして、うるさくて寝られなかった模様!翌日は窓を閉めて寝たところ、問題なかったとのこと。

バスルーム

バスルームも、そこそこの広さ。

バスルーム

バスルーム

少し変わった形の湯船があります。湯を溜めなかったので、使い勝手は不明。シャワーヘッドは固定されています。

キッチン

こじんまりとしたキッチンです。必要最低限のセットが置いてあるといった感じ。本格的な料理をしたい方には向いていませんが、フルーツを切ったり、ちょっとした炒め物をする程度なら十分!

キッチン

キッチン

キッチンの写真、これしかありません。参考にならずスミマセン。もっと撮ってくるべきでした…!

ラナイ

朝食はいつもラナイ!緑が多く気持ちが良い。至福のひと時が過ごせます。

ラナイ

ラナイ

上の写真のイス2脚と部屋にある1脚を使い、何とか3人座ることができました。4人以上はテーブルを囲むのは無理ですね。

お庭から見たラナイ

お庭から見たラナイ

ラナイにやってくるニャンコが愛くるしい。

ニャンコ

ごろりん

この緑のチェアがお気に入りの模様。最初の2日間はやってきましたが、その後は見掛けなくなってしまいました。

コキガエル

夕方になると、コキガエルが鳥のような声で庭で鳴き始めます。ヒロの風物詩、というより騒音問題にもなっているくらいですが、このホテルではうるさい程のレベルではありませんでした。たまたまかな。

コキガエルの声が聞きたい方は下記ページへ!

ハワイ島 観光ガイド

Wi-Fi

無料で利用できる Wi-Fi はありますが、速度が遅かったり繋がらなかったりすることが多々あります。これだけに頼るとなると若干イライラするかも?

ドルフィン・ベイ・ホテル
最新情報をチェック!
>ハワイへ行こう!

ハワイへ行こう!

日頃がんばっている お父さん、お母さん。自分へのご褒美にハワイに行ってみませんか。

ハワイは包み込むような優しさで、わたしたちを迎えてくれます。これからの一日一日を がんばって過ごそうと思える原動力をもらえる不思議な場所。ぜひ、その温もりに触れてみて下さい。

CTR IMG