ドルフィン・ベイ・ホテル(2018年7月) / ヒロ

               

トロピカルなガーデン

このホテルはガーデンも素敵!是非、散策してみて下さいね。ちょっとした熱帯の植物園を味わえます。

ガーデン

ガーデン

ガーデンには、BBQグリルとベンチがありました。

BBQグリル

BBQグリル

ここでランチするのも良さそうですね。ただ、蚊は多いので蚊避けは必須。

ベンチ

ベンチ

木の幹には色んな植物が生えています。蘭だったりシダだったり。

木の幹に注目!

木の幹に注目!

上の写真の赤い葉はカニサボテンかな?

写真はありませんが、オーナーさんは特に蘭がお好きなようで、お庭では木の幹に根付いた色々な蘭を見ることができました。

ベコニア?でかい!

ベコニア?でかい!

モフモフの苔

モフモフの苔

トロピカルな葉

トロピカルな葉

小さな川があるのには驚きました。流れる音が涼しげ。

庭に流れる小川

庭に流れる小川


写真いろいろ

溶岩を模したオブジェ

オフィス玄関のオブジェは、このホテルの見どころの一つ。

パホエホエ溶岩を模したこのオブジェ、まるで何かのアトラクションの施設のよう。車のライトが当たると溶岩(反射板)が赤く光るギミックは必見!

オフィス玄関のオブジェ

オフィス玄関のオブジェ

オオバナサルスベリ

駐車場側にある紫の花が咲く大きな木。スタッフの方に名前を聞いたけど、忘れてしまった。というか、聞き取れていなかったとも言う(笑)

今、調べてみたところ「オオバナサルスベリ」かと。

オオバナサルスベリ

オオバナサルスベリ

ゲッコさん

朝食を貰いに行った時に見掛けたゲッコさん。

ゲッコ

ゲッコ

かわいい…(*´д`*)

果樹園

ホテルの横の芝生のエリアには色んな果樹が植えられています。柑橘系からアボカド、パパイヤなどなど。スタッフが案内してくれました。

果樹のある芝生

ちょっとした果樹園

大きなアボカドが落ちており、実を振ると中がズルズルと動きます。こうなっていれば食べ頃なんですって。

アボカドを頂きました

アボカドを頂きました

砂糖を混ぜてディップにすると美味しいよ!と教えてもらったので、後日試してみることに。

自分はアボカドアレルギーのため味見できませんが、みやとダンナの話では、日本でよく食べるアボカドとは違いさっぱりとしていたそうな。クラッカーにも合うし、美味しかった模様。

アボカドディップ(マウナ・ラニ・ポイントにて)

アボカドディップ(マウナ・ラニ・ポイントにて)

オフィスにある遊び心

ドロドロ溶岩を掬い取る!!やってみたいですねぇ。

オフィスのデスクにあった溶岩のオブジェ

オフィスのデスクにあった溶岩のオブジェ

ネコ様

ニャンコは本当に可愛かったなぁ。

なでなで

なでなで

大人しい子です

大人しい子です


総評

宿の施設、サービスとしては、ヒロのホテルでは最高の部類に入るのでは。

ただ、個人的には場所は多少ネックです。ヒロ湾に面した バニヤンドライブ 沿いのホテルで拝める「ヒロ湾越しのマウナケア」が望めないのが寂しい。 ココナッツアイランドリリウオカラニ庭園 にも歩いて行けません。

しかし、キッチン付きで朝食付きというメリットが、そんなデメリットを圧倒的に凌駕しちゃうんですよね。やっぱり、次回もここに泊るかもしれないな。

なお、ダウンタウンに歩いて行ける距離(10分程度?)という立地はメリットですが、夜間は暗く危ないのではないでしょうか。結局、ディナーには車が必要になります。

2018年7月
ドルフィン・ベイ・ホテル
最新情報をチェック!
>ハワイへ行こう!

ハワイへ行こう!

日頃がんばっている お父さん、お母さん。自分へのご褒美にハワイに行ってみませんか。

ハワイは包み込むような優しさで、わたしたちを迎えてくれます。これからの一日一日を がんばって過ごそうと思える原動力をもらえる不思議な場所。ぜひ、その温もりに触れてみて下さい。

CTR IMG