ロイヤルグラウンド と プウホヌア / プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園 – 見どころ

               
             

もくじ

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園 地図

プウホヌア・オ・ホナウナウ国立歴史公園

2つのエリア、ロイヤルグラウンド と プウホヌア

石垣によって隔てられた地

この地はもともと、グレートウォール(石垣の壁)によって 2つのエリアに分かれていました。一方は王族たちが暮らしたエリア。そして逃れの地、プウホヌアです。

園内の展示物には番号が振られています。公園で配られているマップで番号を照らし合わせ、内容を確認しながら敷地内を巡ってみましょう。マップは下記サイトから見ることもできます。

なお、ここは今でも神聖な場所。敬意を表すのを忘れずに。

参考サイト

2018年1月更新

ロイヤル・グラウンド Royal Grounds

番号は展示物の番号に対応しています。

1. ロイヤル・グラウンド Royal Grounds

ロイヤルグラウンド

ロイヤルグラウンド

かつてのアリイ(王族)の土地。とても神聖な場所。穏やかな空気が流れています。

白砂が敷き詰められたロイヤルグラウンドにはヤシの木が幾本も伸び、風に揺れるヤシの葉の向こうには、穏やかな入り江が見えます。

ここでは、昔のハワイの人達の暮らしぶりを感じられるでしょう。以下に紹介するものは、ロイヤルグラウンド内の展示物となります。


2. テンプル・モデル Temple Model

テンプル・モデル

テンプル・モデル

プウホヌアで最も神聖とされるハレ・オ・ケアヴェ(神殿)を小縮尺で再建したもの。柱はオヒア、屋根はティーリーフが使われています。


3. コナネ(レプリカ) Konane

コナネ(レプリカ)

コナネ(レプリカ)

コナネ

切り株で作られた椅子が良い味だしている

チェスのように相手の駒を取り合うハワイアンの伝統的ゲーム。


4. カノア Kanoa

カノア

カノア

岩に彫られたボウル。樹皮や漁網のなめし、儀式用の飲み物を作る際に利用されていた(かもしれない)と言われています。


5. ツリー・モールド Tree Mold

ツリーモールド

ツリーモールド

溶岩流が木を飲み込みながら冷えて固まると、樹幹型の空洞が形成されます。いわゆる溶岩樹型(ようがんじゅけい)を観察できるのですが、この写真では分かりづらいですね。スミマセン。

スポンサードリンク


6. ケオネエレ Keone'ele

ケオネエレ

ケオネエレ

ケオネエレと呼ばれるこの入り江はカプにより保護され、王族だけがカヌーで上陸する事を許されました。入り江には、ウミガメが波に揺られていることも。


7. グレート・ウォール The Great Wall

グレートウォール

グレートウォール

逃れの地「プウホヌア」と王族たちの地「ロイヤルグラウンド」の境界線となるグレートウォール。400年以上前に建設されました。現在のものは当時のものを補修したもの。高さ3m、幅5m、長さは218m あるそうです。


15. ロイヤル・フィッシュポンド Royal Fish Ponds

ロイヤルフィッシュポンド

ロイヤルフィッシュポンド

海水と湧水(淡水)が混じったアンキアリンポンド。王族のための魚の養殖池です。

カプにより魚の漁獲には制限があったため、魚を確保するための養殖池が必要でした。


16. ハラウ Halau

大小2つのハラウ(作業場)が並んでいます。建物は、オヒアの木とピリと呼ばれる草で作られていたと言われています。

ハラウ

大きいハラウ

カヌー置き場

カヌー置き場

ハラウは、フキラウと呼ばれる漁法で使う漁具を作るなど、作業場として利用されました。ハラウ(大)は、現在はカヌーを保管するカヌーハウスして機能しています。

ハラウ(小)

小さなハラウ

小さなハラウでは、作業のデモンストレーションを見学することができます。

2001年9月, 2003年9月, 2017年7月
ロイヤルグラウンド と プウホヌア
最新情報をチェック!
>ハワイへ行こう!

ハワイへ行こう!

日頃がんばっている お父さん、お母さん。自分へのご褒美にハワイに行ってみませんか。

ハワイは包み込むような優しさで、わたしたちを迎えてくれます。これからの一日一日を がんばって過ごそうと思える原動力をもらえる不思議な場所。ぜひ、その温もりに触れてみて下さい。

CTR IMG