キラウエア・ロッジ & レストラン B&B 施設情報 » ボルケーノ・ビレッジのベストな宿! / ハワイ島

キラウエア・ロッジ&レストラン B&B

評価 : 4.6

もくじ

ボルケーノビレッジ 地図

広域図

ボルケーノビレッジ 地図(広域図)

拡大図

ボルケーノビレッジ 地図(拡大図)

キラウエア・ロッジ & レストラン B&B Kilauea Lodge & Restaurant B&B

highwaywestvacations.com(公式)

その他の予約窓口

エクスペディア

Google Maps

※ この記事は宿についてのレビューです。レストランの詳細は下記をご覧ください。

関連記事

ボルケーノビレッジの B&B 兼レストラン。暖炉のある山小屋風のお洒落な店内が素敵!気に入り過ぎて2泊のうち3回も行ってし […]

キラウエアロッジ 施設内地図

キラウエアロッジ 施設内地図

ずっと気になっていた B&B!

いつか泊まりたいと思っていた宿、キラウエア・ロッジ & レストラン(以下、キラウエア・ロッジ)。朝食付きの B&Bであります。2019年7月に初めて泊まって、惚れこんでしまいました!!

キラウエア・ロッジ & レストラン

キラウエア・ロッジ & レストラン

看板がお洒落

看板がお洒落

ティキ
ティキじぃ
この宿、最高じゃぞ!!

朝食は気軽に行けるし、何と言っても部屋の暖炉が良い!そこんところ、詳しくレポートしていきたいと思います。

スポンサードリンク

キラウエア・ロッジについて

クリーム色の可愛らしい母屋(レストラン兼オフィス)は、1938年に建てられた「ハレ・オ・アロハ」と呼ばれる歴史のあるお家。もともとは、YMCAキャンプのために建てられました。

母屋

母屋

その名残は、レストランの大きな暖炉で見ることができます。詳しくは こちらの記事 をご覧ください。

暖炉

暖炉

2018年6月、オーナーが変わる

この場所が、ローナ&アルバート・ジェイテ夫妻により、キラウエア・ロッジとして旅行者を迎えるようになったのは、1986年のこと。2018年6月からはオーナーが「ハイウェイ・ウエスト・バケーションズ」に代わり、運営されています。

調べてみたところ、ジェイテ夫妻は高齢のため引退を考え、2014年にはロッジを売りに出していたようです。

参考サイト

それにしても、オーナーの交代時期が2018年6月とは。ハレマウマウ火口の噴火で国立公園がクローズし、一番大変だった時です。この素敵な宿を素敵な状態のまま保ってくれていることに、感謝しかありません。

予約について

予約は、 エクスペディア が公式よりもおトク!ここ最近チェックした限りでは、ずっと10%オフで販売されています。

また、公式にはない仕様として、朝食ナシのプランがあります。ボルケーノ泊の場合は、朝食ナシの方が有難い場合もあるので、選択できるのは嬉しいですね。

チェックインは母屋で

チェックインは、母屋のオフィス兼ギフトショップで行います。が、スタッフが常駐しているわけではないので、レストランのカウンターで、チェックインしたい旨を伝えるのが自然かな。

母屋のオフィス兼ギフトショップ

母屋のオフィス兼ギフトショップ

朝食やホットタブの利用のことなど、宿のルールの説明を一通り受けました。

レストランで食事した時も感じましたが、キラウエア・ロッジのスタッフはホスピタリティに溢れています。とても感じが良くて親切なので、安心できますよ!

宿泊棟とコテージ、一軒家

客室は、2つの棟に11室。ハワイアンな名前を付けられた各部屋は、それぞれ多少仕様が異なっています。その他、幾つかのコテージ、一軒家あり。

公式サイトの情報も含めて、まとめておきますね。

ハレ・アロハ棟

ハレ・アロハ棟

ハレ・アロハ棟

メインの宿泊棟。入室には鍵が必要。

ドアを開けると中央に共有スペースの Common Room(談話室)があり、サイドに客室が並んでいます。1階に4部屋、2階に3部屋、計7つの客室があります。

広い談話室

広い談話室

大きな暖炉が良い味出していました。

ソファ

ソファ

いろいろとセンスが良い!

デスク

デスク

レトロな電話

レトロな電話

この共有スペースで騒ぐ宿泊客がいると、客室によっては、うるさく感じるかもしれません。ドア1枚で、この部屋と繋がっている「Awapuhi」「Tsugi」は特に。

また、一般的に B&Bでは、宿泊棟の共有スペースにキッチンや冷蔵庫があり、利用できる場合が多いのですが、ここにはキッチン設備はありませんでした。

ハレ・アロハ棟の客室 ※ ( )内は最大宿泊人数

1階:Awapuhi(4) / Tsugi(4) / Kehau(4) / Ohia(4)

2階:Liko(2) / Iolani(3) / Hokulani(2)

ハレ・マルナ棟

1937年、YMCAロッジの一部として建てられた2階建ての棟。 エクスペディアの施設情報では、どのお部屋も 21㎡ と小さめ。

ハレ・マルナ棟

ハレ・マルナ棟

立ち入っていないので、外観の写真のみです。

ハレ・マルナ棟の客室 ※ ( )内は最大宿泊人数

2階:Kimura(2) / Noekolo(2) / Hapuu(2) / Paina(2)

コテージ、一軒家

ザ・コテージ

1909年に建てられた管理人用の小さなコテージ。ハレ・マルナ棟の横に位置しています。1ベッドルームで最大宿泊人数は4人。残念ながら、キッチンはナシ。

コテージや一軒家は、母屋から離れているものが多い中、このコテージは母屋に近くロケーションが良い。

ハイダウェイ

母屋と同じ敷地内ではありますが、少し離れた場所にあります。宿泊中、この一軒家があったことに気づきませんでした。さすがハイダウェイ。最大宿泊人数は4人。キッチン付き。

チュチュ・プレイス & オラア・プランテーション・ハウス

ボルケーノ・ストア と道(オールド・ボルケーノ・ロード)を挟んで斜向かいのエリアにあります。どちらも2ベッドルーム、キッチン付き。最大宿泊人数は5名。

ピイ・マウナ・ハウス

母屋から7.2km離れた場所にある一軒家。ボルケーノ・ゴルフ・コースの6番目のフェアウェイにある模様。

2ベッドルーム、2バスルーム。キッチンをはじめホットタブまであります。最大宿泊人数は6名と、キラウエアロッジが管理する客室の中では最大。

スポンサードリンク

お部屋のガス暖炉がありがたすぎる

ボルケーノ・ビレッジの夜は寒く、暖房器具は必須。しかし、使いやすい暖房を完備している宿は、意外と少ないんです。

よくあるのは、本格的な暖炉。これは経験者じゃなきゃムリです。怖すぎです。

次によくあるのは、デシカント式の除湿器。構造上、ヒーターの熱を使うため、副次的効果で部屋が温まるんですね。

ゲッコ
ゲコりん
でも 暖房じゃないじゃん

その通り!ボルケーノの夜は、とてもこれだけじゃ耐えられません。以前、寒すぎて風邪を引いたくらいのレベルですから。

が、しかし!

キラウエア・ロッジの多くの客室には、ガス暖炉が備わっています。スイッチ一つでオンオフできる超お手軽タイプなので、いつでも簡単にお部屋がぽかぽかに!このガス暖炉があるだけで、この宿を選ぶ価値があると言っても過言ではない!

超便利なガス暖炉(部屋:KEHAU)

超便利なガス暖炉(部屋:KEHAU)

注意

全ての客室やコテージに、ガス暖炉が完備されているわけではありません。薪を使う暖炉の部屋もあります。

ガス暖炉が必要な場合は、公式サイト にてアメニティに「Gas Fireplace」と記載がある部屋を探してみて。

緑に囲まれたホットタブ

ホットタブは、ハレ・アロハ棟を通り抜けた先にあります。

お庭の小道の先にあるホットタブ

お庭の小道の先にあるホットタブ

利用時間は、9:00〜21:00。前もってシャワーを浴びておくこと。特に、日焼け止めやオイルはホットタブのフィルタを痛めるので、洗い流しておくよう注意がありました。

スパ用のタオルは、お部屋にあるものを使えばOK。

思っていたより大きかった

思っていたより大きかった

ホットタブは、想像よりも大きかったです。清潔感あり。周囲が緑で雰囲気が良く、時間があれば入りたかった。

フタが重い…!

フタが重い…!

難点は蓋が重いこと。姉と二人掛かりで蓋の半分は持ち上げることはできましたが、全開することはできるのだろうか…!?(試していません)

利用後のタオルはこの箱へ

利用後のタオルはこの箱へ

使用済みのタオルは、この木箱に入れておきましょう。

フラガール
フラ姉
利用するなら、水着を忘れずにね!

朝食はレストランで気軽に!

「宿泊者が大きなテーブルを囲んで皆で朝食をとる」

B&B ならではの醍醐味。これが楽しみな方もいらっしゃるかと思いますが、自分は逆。最近、コミュ障であると大いに自覚してしまった自分には、この儀式は億劫すぎるんですよねぇ…。

そんな方に朗報!

ホヌ
ホヌP
朝食は、一般のお客さんに混じってレストランでとる方式!

これなら気軽に行けますね。コミュ障に優しいB&Bであります。

インクルードの朝食

朝食の時間帯は 7:30~10:00。

テーブルに着いたら、見える場所に部屋の鍵を置き、宿泊者であることをスタッフに知らせます。

スタッフは一般のメニューを持ってきてくれますが、これを注文してしまうと有料になってしまうのでご注意を。(特に説明はなかったので、無料朝食との差分での支払いなどではなさそう。)

無料の朝食の注文は、部屋の鍵を見せながら「Included Breakfast(インクルード・ブレックファスト)」の一言で通じました。

2019年7月 / インクルードの朝食(2人分)

ボリュームは、多すぎず少なすぎずで丁度良い。満足満足!(姉のみやは、私がアレルギーで食べられない一部のフルーツを食べてくれたので、お腹パンパンになった模様)

煎茶

煎茶

お茶は何種類からか選べたような気がします。

パン、フルーツ盛り、ヨーグルト

フルーツ盛り、パン、ヨーグルト

パンにフルーツ盛りにシリアル入りのヨーグルト。彩りの良いフルーツ盛りにウキウキしちゃいました!温かいお料理はありません。いわゆるコンチネンタル ブレックファストですね。

隅に写っているジュースは、生のグァバジュース。生なんて初めてだよ!美味しかったです。

パン3種

パン3種

ナッツが乗ったパンが、香ばしさと程良い甘みで美味でした。パンというよりクッキーに近いかな。おやつに欲しいタイプ!

チップは忘れずに

無料の朝食ですが、チップは含まれていないので忘れずに。自分たちは、一人10〜12ドルと仮定して20%分くらいをテーブルに置いておきました。

ピクニックランチの注文

客室の机の上に、こんな用紙が。

ピクニックランチの注文書

ピクニックランチの注文書

テイクアウト用のランチの注文書でした。メニューは3種類のサンドイッチのみ。サイドメニューとして、フルーツサラダまたはチップス(ポテト?ポテチ?)を、どちか一つ選択できる模様。

ピクニックランチ

※ 前日の午後9時までに注文すること

※ 当日午前9時には受け取り可能

※ 税込 13ドル(ボトルの水付き)

名前、客室名、それぞれの数量を記入して、オフィスに持っていくだけなので、英語が苦手な方でも注文しやすいですね。

スポンサードリンク

写真いろいろ

芝生のお庭

キラウエア・ロッジと言えば、紫陽花。初めて見た時は「ハワイにも紫陽花があるんだなぁ。」と深く印象に残ったものです。

ロッジと紫陽花

ロッジと紫陽花

曇り空がもったいない。晴れていれば、爽やかでとても絵になるんですよ!

紫陽花アップ

紫陽花アップ

紫陽花以外のお花や植物もありました。

アンスリウム

アンスリウム

椿?山茶花?

椿?山茶花?

お庭の東屋

東屋には木製のチェアが並び、くつろぎのスペースとなっています。夜はライトが点灯しますが、屋外で歓談するのは、さすがに寒いかな。

東屋

東屋

洒落た椅子

洒落た椅子

ガラス玉が散らばる小道

ハレ・アロハ棟から母屋方面へと抜ける小道。ガラス玉が散りばめられていて綺麗。

雰囲気の良い小道

雰囲気の良い小道

ガラス玉がキラキラ光る

ガラス玉がキラキラ光る

注意書きにも遊び心があります。

「ガラス玉はメネフネに残しておいてね!」

「ガラス玉はメネフネに残しておいてね!」

早朝、看板にゃんこなのか、しっぽモフモフの可愛いネコ様と出会いました。

大あくびのネコ様

大あくびのネコ様

何だかもう、いちいち素敵なキラウエア・ロッジであります!

総括

ボルケーノでの宿選びで一番重要なポイントは、暖房の有無。その点、キラウエア・ロッジは、自信を持ってオススメできる宿です。そのうえ、スタッフの対応が素晴らしく、部屋も居心地が良い。 レストラン も美味しいので食事にも困りません。

デメリットは、洗濯ができないこと。これくらいしか思い浮かびません。

キッチンがないのもデメリットですが、ボルケーノでは、あまり気にならないんですよね。ここでは大した買い物もできないし、活動的に出掛けてしまうことが多いからかな。

ゲッコ
ゲコりん
ほぼ完璧だね!

今後、常宿となりそう!

以上、キラウエア・ロッジの施設情報でした。お部屋の詳細については、下記記事をご覧ください。

関連記事

ボルケーノ・ビレッジのオススメの宿、キラウエア・ロッジ&レストラン。デラックスルーム「KEHAU」のレビューです。

2019年7月
キラウエア・ロッジ&レストラン B&B
最新情報をチェック!
>ハワイへ行こう!

ハワイへ行こう!

日頃がんばっている お父さん、お母さん。自分へのご褒美にハワイに行ってみませんか。

ハワイは包み込むような優しさで、わたしたちを迎えてくれます。これからの一日一日を がんばって過ごそうと思える原動力をもらえる不思議な場所。ぜひ、その温もりに触れてみて下さい。

CTR IMG