キラウエア・イキ展望台 / キラウエア火山 – 見どころ

               
             

もくじ

キラウエア・カルデラ(キラウエア火口)地図

キラウエア・カルデラ(キラウエア火口)地図

キラウエア・イキ展望台 Kilauea Iki Overlook

2019年7月現在、ハレマウマウ火口の噴煙や火映(夜間の赤い光)は見えません。

キラウエア・イキ・クレーターをメインに、カルデラやハレマウマウ火口、プウプアイ(噴石丘)、そしてマウナロアまでもを見渡すことができてしまう贅沢な展望台。ボルケーノがこの景色にギュッと詰まっています!

キラウエアイキ展望台からの眺望(2017年7月)

キラウエアイキ展望台からの眺望(2017年7月)

キラウエア・イキ火口

ハワイ語で " iki " とは「小さい」という意味。つまり "Kilauea Iki Crater" は「キラウエアの小さい火口」といったところですね。

キラウエア・イキの一番最近の噴火は 1959年11月14日のこと。大噴火でした。12月17日には、空に 580メートルの高さの溶岩を噴き上げたそうです。これは、20世紀におけるハワイでの最高記録となりました。

キラウエアイキの噴火

キラウエアイキの噴火:1959年11月29日(左)/ 11月20日(右上)/ 12月5日(右下)
[Public Domain] U.S. Geological Survey (HVO)

当時の様子は下記の記事で確認できます。

参考サイト

火口には流れ出た溶岩で溶岩湖ができました。それが綺麗に冷え固まったため、クレーターの底は遠目で見れば見事に平ら。

クレーターの底にある白い筋

火口底の中央部に、薄らと直線の筋が横切っているのが分かるでしょうか。これは、キラウエア・イキ・トレイルの道筋。

クレーターの底にある白い筋

クレーターの底にある白い筋

その周辺をよくよく観察してみて下さい。ハイカー達が米粒のように点々と散らばっている様子が見えるはず。

トレイルを歩くハイカー

トレイルを歩くハイカー

ここはオススメのトレイルの一つ。ぜひ歩いてみて!詳細は下記をご参考に。

関連記事

キラウエア火山の人気トレイル、キラウエア・イキ・トレイル。ここは元溶岩湖!火口の底が楽しい!!

2002年9月, 2004年9月, 2005年9月, 2015年9月, 2017年7月

2018年5月以前の展望台

今後、見られるのか見られないのか、ハレマウマウの噴煙が当たり前だった時代の記録です。

2015年9月

イキ火口の奥にある噴石丘のプウプアイも見どころの一つ。崩れた山肌の様子が荒々しい。その奥にあるハレマウマウ火口の噴煙が、よりワイルドさを演出しています。

この一角だけ見ていると、恐竜がひょっこり現れそう!

プウプアイ(噴石丘)とハレマウマウの噴煙

プウプアイ(噴石丘)とハレマウマウの噴煙

2017年7月

人っ子一人いない夜の展望台。正直コワイ…!!

夜の展望台

夜の展望台

星と一緒にハレマウマウ火口を撮りたかったのですが、天の川が入らないので方角的にはイマイチでした。

2002年9月, 2004年9月, 2005年9月, 2015年9月, 2017年7月
キラウエア・イキ展望台
最新情報をチェック!
>ハワイへ行こう!

ハワイへ行こう!

日頃がんばっている お父さん、お母さん。自分へのご褒美にハワイに行ってみませんか。

ハワイは包み込むような優しさで、わたしたちを迎えてくれます。これからの一日一日を がんばって過ごそうと思える原動力をもらえる不思議な場所。ぜひ、その温もりに触れてみて下さい。

CTR IMG