キャプテン・クック記念碑に行く方法! フェア・ウィンド・クルーズ編 / ケアラケクア湾

フェア・ウィンド・クルーズ
             

もくじ

ケアラケクア湾 地図

広域図

ケアラケクア湾 地図 広域図

拡大図

ケアラケクア湾 地図

フェア・ウィンド・クルーズ(デラックス・モーニング・クルーズ) Fair Wind Cruises

Fair Wind

デラックス・モーニング・クルーズ(Morning Snorkel Cruise & BBQ)

9:00 ~ 13:30 (8:30までにチェックイン)

$135 (税・州立公園使用料込 $142.11)

必需品:水着・タオル・羽織るもの・日焼け止め・酔い止め

備考:水着は着用で行くこと。水中カメラがあればなお良し。料金には、朝食・昼食・スノーケルギアのレンタル等が含まれています。

Google Maps

このツアーには2003年、2015年に参加していますが、特に明記してない部分については、2015年の内容となっています。

予約はアロハブリーズさんにお願いしました。予約時にクレジットカードにて支払となります。

参加者は、私、たけさん、たけさん母の3人。ほとんど泳いだことのない たけさん母(60代)は楽しめるでしょうか!?

集合場所はケアウホウ・ベイ

フェアウィンドのオフィス

フェアウィンドのオフィス

ケアウホウの地図
ケアウホウ 地図

集合場所はケアウホウ・ベイにあるフェアウィンドのオフィス。出航時間の30分前までにチェックインしなければなりません。

オフィスや駐車場の場所は、初めてこの場所を訪れる方には若干分かりづらいかも。時間ギリギリだと焦ります。余裕を持って宿を出発して下さいね。

なお、桟橋の真横の駐車場は利用できません。フェアウィンド専用駐車場の位置は下のストリートビューをご参考に。

「Fair Wind Hula Kai Parking」の案内板

カメハメハIII ロードの突き当たり少し手前に、白地に「Fair Wind Hula Kai Parking」と書かれた案内板が道路の脇に立っています。この案内板の左にある未舗装道路に入ってください。この道を進んだ先に専用駐車場があります。

カメハメハIII ロードの突き当たりのすぐ横にあるフェアウィンド専用駐車場

スポンサードリンク

チェックイン & 留意点

チェックイン時、「スノーケリングのための環境誓約」と記載されたカード(英語)を手渡されるので読んでおいて下さいね。

スノーケリングのための環境誓約

スノーケリングのための環境誓約

内容としては、珊瑚礁に触れたり立ったり蹴ったりしないこと。海に食品を蒔かない(魚に餌を与えない)こと。海洋生物を追いかけたり、生息地を荒らさないこと。水の中ではゆっくりと動くこと等々。環境に配慮すべき注意事項が9つ並んでいました。必ず守りましょう。(このカードは乗船時にスタッフに手渡します。)

オフィス前で待機していると、スタッフがレンタル用のマスクとスノーケルを配り始めました。サイズがフィットするまで、スタッフと何度かやりとりして受け取ります。

その後、スタッフによる注意事項などの説明などがありました。(英語なので殆ど何を言っているか分かりませぬ。)

フェア・ウィンド II(双胴船)

フェア・ウィンド II(双胴船)

そして、いよいよ乗船。

座席は早い者勝ち。おすすめは1階船室です。お目当ての場所がある場合は、なるべく船の傍で待機しておき、早めに乗り込めるようにするべし。

座席の下には荷物の収納スペース(簡易な箱)があるので、泳ぐ際に不要なものはここに置いておきましょう。

貴重品について

貴重品を預かってもらえるサービスはありません。全て座席下の箱に仕舞うことになるので、貴重品は出来る限り持たないことが望ましいです。

我が家では、クレジットカードと最低限の現金は 防水ケース に入れ、泳いでいる最中も身に着けていました。スマホや中身のあまりない財布は、バッグに入れて座席の下へ。

一番悩んだのは、一眼レフカメラ。(そもそも持って行くべきではない。)これも思い切って座席下へ。タオルや服に包んで見えないようにして、置きっ放しにしました。何があっても自己責任。推奨はしませんが、レンタカーに残しておくより何倍もマシ。もし盗まれたとしても、犯人は乗客かスタッフのいずれかに絞れますし。

船酔いについて

アネロン ニスキャップ

船酔いが心配な方は、乗船30分前には酔い止めを飲んでおきましょう。評判の良い薬はエスエス製薬の アネロン ニスキャップ(アネロンの中でも特にニスキャップ)。船釣りをしている人に愛用者が多いとか。長時間効果が続くので復路も安心。

ただし、この薬はものすごく効く代わりに、ツアー後に強烈な眠気に襲われます。1時間程度は仮眠しないと解消されません。

その他の薬

日本から持ち込むのを忘れてしまった方は、薬局(有名どころはLongs Drugs)で買うしかありません。酔い止めを探すのはなかなか骨が折れそうなので、聞いた方が早いでしょうね。英語では「Motion Sickness」と言えば伝わると思います。Walmartへのリンクになりますが、これらの商品が参考になるかな??

酔い止めを飲んでなおも心配な方は、船内でも揺れの少ない船体後方の真ん中辺り、もしくは風に当たれる場所を乗船時に陣取っておきましょう。2階席は揺れが強いので避けて下さい。

出港!

私達は船の1F、前方のシートに腰掛けました。窓が大きく開いており、気持ちの良い風が入ってきます。ケアウホウ・ベイがキラキラ光っていて綺麗。

ケアウホウベイを出港

ケアウホウ・ベイを出港

船内の様子

船内の様子

しばらくして、フィン(足ヒレ)が配られました。ピッタリサイズを選んで下さいね。船には、浮き輪やビート版などの水泳用具も取り揃っているので、泳ぎに自信のない方は、どのような用具があるかチェックしておくとよいでしょう。

朝食タイム

そして、お待ちかねの朝食タイム!マフィンやオレンジ、パイナップルなどがテーブルに並べられていました。バイキング形式になっているので、皆好きなものをそれぞれお皿に盛ります。

飲み物は、事前に配られたマイカップへ注げばOK。迷子にならないよう、カップには名前を書いておきます。ペンも用意されていましたよ。

朝食のマフィンとフルーツ

朝食のマフィンとフルーツ

イルカを見よう!

朝食を終えたら席でまったり…ではなく、船の先端に行ってみるべし!運がよければイルカを間近で見ることができるんです。

船の先端

船の先端

2003年の時は興奮しました。

心地良い風を受けながら、船の先端で待つこと20分。突然2頭のイルカが船のすぐ前方に現れました。時折、交差しながら気持ちよさそうに泳ぐイルカ達。泳ぐスピードも船に合わせているようです。

乗客は1階席、2階席ともワイワイ大盛り上がり。野生のイルカを見るのが初めてであった私達も、もちろん大歓喜!イルカは目の前で大ジャンプも見せてくれました。

2003年9月
船と一緒に泳ぐイルカ

船と一緒に泳ぐイルカ

イルカのジャンプ

イルカのジャンプ

ちなみに、2015年は遠目でのジャンプは見られましたが、船と一緒に泳いではくれなかったんですよねぇ。ちょっと残念。

2015年9月
イルカが見えるものの遠い

イルカが見えるものの遠い

一応ジャンプも

一応ジャンプも

目を凝らしてイルカ探したり、飛んでいるトビウオを眺めたりしていれば、ケアラケクア湾まであっという間。「あれ。もう?」出港してから約1時間程です。

船はキャプテンクック記念碑の前をすーっと通り過ぎ、湾の奥、断崖付近に停泊。どうやらここがフェアウィンドの定位置のようです。

フェア・ウィンド・クルーズ
最新情報をチェック!
>ハワイへ行こう!

ハワイへ行こう!

日頃がんばっている お父さん、お母さん。自分へのご褒美にハワイに行ってみませんか。

ハワイは包み込むような優しさで、わたしたちを迎えてくれます。これからの一日一日を がんばって過ごそうと思える原動力をもらえる不思議な場所。ぜひ、その温もりに触れてみて下さい。

CTR IMG