ロイヤル・コナ・リゾート #379(ベイタワー) » オーシャンフロント・コーナーキングが凄い / カイルア・コナ ハワイ島

ロイヤル・コナ・リゾート #379(ベイタワー)

評価 : 4.5

もくじ

カイルア・コナ 地図

広域図

カイルア・コナ 広域図

拡大図

カイルア・コナ 拡大図

ロイヤル・コナ・リゾート / ベイタワー#379(2019年7月) Royal Kona Resort

2019年7月

予約窓口 : エクスペディア(ロイヤルコナリゾート)

ベイタワー #379 / オーシャンフロント・コーナーキング

26,004円/1泊(エクスペディア)

駐車代 $15/1日

royalkona.com(公式)

その他取扱い窓口(2019年9月現在)

楽天トラベル

Google Maps

情報量が多いため、施設情報は別ページで紹介しています。詳しくは下記へどうぞ!

関連記事

コナ中心街でロケーションもバッチリ。ここに泊るならオーシャンフロントを狙おう!

歩いて飲みに行く!これがテーマ

ロイヤル・コナ・リゾート

ロイヤル・コナ・リゾート

コナに泊まるなら歩いて飲みに行きたい。ということで、宿は ロイヤル・コナ・リゾート に決定。予約先は エクスペディア

お部屋のカテゴリは「オーシャンフロント・コーナーキング」。奮発しました…!

ホテル敷地内地図

宿泊棟は、アリイタワー、ベイタワー、ラグーンタワーの計3棟。予約時は棟は選べません。

オーシャンフロント・コーナー・キングがスゴイ!

「オーシャンフロント・コーナー・キング」は、必ずオーシャンフロントの角部屋に泊まれるという、かなり魅力的なカテゴリのお部屋です。

「フロントのあるアリイタワーの角部屋が良いなぁ。」

ワクワクしながらチェックインしてみたのですが、指定されたのはベイタワー。

ベイタワー

ベイタワー

「ベイタワーなら北側(カイルア桟橋側に近い方)の角が良いなぁ。」

と期待していましたが、これもハズレ!反対側、南側の角でした。

しかも、ベイタワーは何やら工事までしていて、棟内の景観はイマイチ。楽しみにしていたのにこれは…。なかなか上手くいかないもんです。

なんと工事中

なんと工事中

お部屋は379号室。

「フロアだってもう少し上の階が良かったよ…。」

379号室(左側のドア)

379号室(左側のドア)

テンションは下がり気味。気に入らなかったら部屋を変えてもらうつもりで、お部屋の前まで来ました。

ゲッコ
ゲコりん
が、しかし!

ドアを開けたらスゴイの一言…!胸が高鳴るとはこのことか。

部屋の広さやら内装よりも何よりも、チラリと見えている広そうなラナイに釘付けに。

オーシャンフロント・コーナー・キングのお部屋

オーシャンフロント・コーナー・キングのお部屋

気になるラナイは後でじっくり見ることにして、まずはお部屋内のチェックを。

お部屋

結構広めのお部屋にキングベッドがポツンと置かれていました。

キングベッド

キングベッドとテレビ

スーツケースを悩まずにテキトーな場所に広げられるし、広げたところで全く邪魔にならないくらいの余裕があります。

テーブルと椅子

テーブルと椅子

室内は、ベッドとガラス製のテーブルと椅子、そしてテレビのみ。至ってシンプル。

バスルームとその手前のエリア

一番奥にバスルーム、ドアで仕切られた手前のスペースにも洗面台が別にあるため、水回り関係の使い勝手は非常に良い。

バスルーム

バスルームとその手前のエリア

ただし、お洒落感は皆無。この辺がホテルの古さを物語っているわけですが、清潔に保たれているので特に問題ナシ。

バスルームの手前のスペース

洗面台には、コーヒーメーカーや紙コップが並んでいます。

コーヒーメーカー&紙コップ

コーヒーメーカー&紙コップ

写真は撮り忘れてしまいましたが、この洗面台の下にコンパクトな冷蔵庫がありました。

洗面台の向かいには、クローゼット。

クローゼット

クローゼット

クローゼットには、金庫、ドライヤー、アイロン、アイロン台、バゲージラックが完備されていました。

金庫、ドライヤー、アイロン

金庫、ドライヤー、アイロン

バスルーム

シャワーヘッドは固定式。水圧、温度とも悪くはありません。可もなく不可もなくといったところ。

シャワーとバスタブ

シャワーとバスタブ

バスルームの洗面台

バスルームの洗面台

アメニティは、シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、ボディローション、石鹸の5点。

アメニティのシャンプーなど

アメニティのシャンプーなど

スポンサードリンク

ラナイが広すぎな件!

さて。ラナイのご紹介を。

この部屋のラナイは、今までにないくらい広い。コーナールームなので、ラナイも部屋に沿ってL字型になっています。

下は、L字のコーナーになっている辺りからパノラマで撮ってきたもの。(写真は左右にスクロールします)

オーシャンフロント・コーナーキングのラナイ

ラナイからの景色

パノラマでも撮りきれていないし、凄さが伝わりづらいのが残念であります。

正面に海がドーン!開放感がハンパない。オーシャンフロントの醍醐味ですね。

素晴らしい景色!

素晴らしい景色!

ヤシの木の向こうには、「キング・カメハメハズ・コナ・ビーチ・ホテル」が小さく見えています。その少し手前にある青い屋根の建物が、ショッピングモールの「ウォーター・フロント・ロウ」。

大型客船の「プライド・オブ・アメリカ」もコナらしい風景の一つ。

プライド・オブ・アメリカ

プライド・オブ・アメリカ

ビューの良い正面のラナイには小さなテーブルと椅子が2脚。ここで朝食を取っても良し!夕陽を眺めながら飲んでも良し!

テーブルと椅子

テーブルと椅子

床のカーペットが剥がれかかっているのはご愛嬌。ここでも建物の古さを感じますが、景色の素晴らしさで、どうでも良くなっちゃいますね。

正面のラナイからコーナーを曲がって南側のラナイはこんな感じ。

南側

南側

こちらの方が広いのですが、殆ど行きませんでした。ビューは、真正面にアリイタワー。海はチラッと見えている程度です。

南側のラナイからの景色

南側のラナイからの景色

夕陽と月夜

西向きのお部屋なので、夕陽もラナイからバッチリ見えました!

ラナイから夕陽を

ラナイから夕陽を

夜間も光が多いコナなので、星空は微妙かもしれませんが、綺麗な月夜は堪能できました。

月夜

月夜

ちょっと気になるお隣さんとの壁

前出の写真でお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、ラナイの造りは少々気になります。隣の部屋との境の壁の形が斬新なんですよね。

奥の部屋の人の足が見えてる

奥の部屋の人の足が見えてるの図

人影を感じてしまうのは仕方ないとして、部屋との敷居が低すぎるのが気になります。隣に行こうと思えば行けちゃいますし、覗こうとすれば覗けちゃいます。

その分、開放感のあるラナイになっているのですが、やはりセキュリティが気になってしまいます。出かける際は、いつも以上に窓のロックや貴重品の管理などに気を使いました。

スポンサードリンク

備え付けのドライヤーとコンセントについて

これは、アメリカを旅慣れた方ならご存知かもしれませんが、念のため書いておきます。

備え付けのドライヤーを使っていると、カチッと音がした後、電源が入らなくなってしまうことがあります。

備え付けのドライヤー

備え付けのドライヤー

そんな時は、ドライヤーに付いている赤い「RESET」ボタンを押してあげると、再び使えるようになります。

これは、漏電などを防ぐための安全装置で、この機能が働くと電源が切れる仕組みなのだそう。

このホテルには、洗面台のコンセントにも、この赤いボタンが付いていました。

コンセントの赤いボタン

コンセントの赤い「TEST」ボタン

ドライヤーが切れてしまった時に、ドライヤーのリセットボタンを押しても使えないようでしたら、コンセント側の赤いボタン「TEST」を押すと、使えるようになります。

今まで泊まってきた宿では気にしたことがなく、このボタンがあったのかどうか覚えていませんが、基本的に水回りにあるコンセントには、この機能が付いていることが多いようです。

総評

部屋の居心地は良く、申し分なし。十分広いし、エアコンは快適。ホテルにありがちな、コンセントが足りないということもなく、不満は特にありませんでした。

一点気になったのは、ラナイへと出入りするガラス扉。建て付けがイマイチで、開閉する時に音が響いてしまいます。昼間なら良いですが、夜間は少々気を使いました。

不満がこれしかないなんて、なかなか凄くないですか?

また、コーナールームだったため、オーシャンフロントと(パーシャル?)オーシャンビューとの差がはっきりと分かりました。やはりコナに宿泊するならオーシャンフロントでしょう!素晴らしい景色に旅の思い出が増えました。

次にコナに泊まるときも、再び奮発して「オーシャンフロント・コーナーキング」と決めています。この部屋はマジおすすめ!

ロイヤル・コナ・リゾート #379(ベイタワー)
最新情報をチェック!
>ハワイへ行こう!

ハワイへ行こう!

日頃がんばっている お父さん、お母さん。自分へのご褒美にハワイに行ってみませんか。

ハワイは包み込むような優しさで、わたしたちを迎えてくれます。これからの一日一日を がんばって過ごそうと思える原動力をもらえる不思議な場所。ぜひ、その温もりに触れてみて下さい。

CTR IMG