ラウパホエホエ・トレイン・ミュージアム / ハマクア・コースト – 見どころ

ラウパホエホエ・トレイン・ミュージアム
             

もくじ

ハマクア・コースト 地図

ハマクア・コースト 地図

ハマクア・コーストの鉄道

Hawaii Consolidated Railway(蒸気機関車と乗客(1929年))

Hawaii Consolidated Railway / 蒸気機関車と乗客(1929年)
By National Library of Australia from Canberra, Australia [No restrictions], via Wikimedia Commons

ここハマクア・コーストには、その昔、列車が走っていたそうです。この件に関してBBS(現在は閉鎖)で、とてもディープな情報を頂戴したので、こちらに抜粋させて頂きます。

「シーニック・ルート近くから19号線を逸れて脇道を探検したら、"OLD RAILROAD WAY" という道に出くわしました。昔、汽車が走っていたのでしょうか?」

ナウヤングさん

というナウヤングさんのふとした疑問に、ALOHA NOPUの管理人、NOPUさんがとても詳しく答えて下さいました。

鉄道情報 その1

マウイやオアフに走っていたさとうきび輸送用の列車は、観光用に復活していたりもして有名ですよね。ハワイ島の東海岸にも、かつて、さとうきびを運ぶための汽車が走っていました。ハワイ島の鉄道はヒロの港を中心にケアアウを経てパホアの方まで延び、その後マウンテン・ビューの先まで延びて、ボルケーノ観光にも利用されたということです。

南方に延びる鉄道に比べ、北方に延びる鉄道は、ハマクア・コーストのたくさんの深い谷によって、建設が困難を極めたそうです。そのため当初の鉄道会社は破産してしまったそうですが、建設されたハマクアコーストの鉄道は、さとうきび輸送だけでなく、ハマクアコーストの景観を楽しむ観光客にも利用されたようです。

戦中も利用された鉄道も、1946年のツナミによる被害が決定的なダメージとなり、鉄道は再建されることはなく、ハイウェーへと運送の手段は移行されたそうです。

ナウヤングさんがみつけた OLD RAILROAD WAY は、ペペエケオの海側の辺りでしょうか?ハマクア・コーストの19号線は鉄道と平行している部分が多いそうです。

また、鉄道の高架橋をハイウェーの橋に利用もしているそうです。以上の情報の多くはラウパホエホエにある鉄道ミュージアムのHP (Laupahoehoe Train Museum )の受け売りです。こちらに写真なども多く掲載されていますよ。ラウパホエホエのミュージアムには当時の機関車が展示されているそうです。

NOPUさん

下記は、その後のナウヤングさんからの御返答です。NOPUさんの教えてくださったWEBサイトを元に、新たな情報を書いてくださいました。

鉄道情報 その2

出くわした OLD RAILROAD WAY は、未舗装道路で(4WDだったので) シーニック・ルートより海側、ペペエケオにある汚水処理場の北東(海側)あたりでしょうか。ODYSSEY の地図「WEST HAWAII」でも確認しましたが、どうも表示されていないようです。でも、緑色の標識がちゃんと立っていました。

博物館のHPまでご紹介ありがとうございます。何度も通過している道なのに、気づきもしませんでした。見ると、長い歴史があったんですね。メカニック責任者の家が博物館になっていることや、フラダンサーが観光客のために踊ったプラットホームやトンネルが残っていることなども、新鮮な驚きがありました。

「さすがアメリカ、ハワイ」と思ったのは、博物館が出来たのが 1998年で、その設立資金が篤志家、有志による寄付だったという点です。廃止されて何十年も経つのに、列車の歴史、先人たちのの労苦をきちんと形に残そうという姿勢には脱帽です。

ショップでは、資料や写真も展示され、ビデオも販売しているんですね。次回、時間があれば、ぜひ立ち寄りたいと思います。

ナウヤングさん

NOPUさん&ナウヤングさん、素敵な情報をご提供下さってありがとうございます。その後、私も実際に鉄道ミュージアムに行ってみました。(下のページへ続く)

2004年 または 2005年頃
ラウパホエホエ・トレイン・ミュージアム
最新情報をチェック!
>ハワイへ行こう!

ハワイへ行こう!

日頃がんばっている お父さん、お母さん。自分へのご褒美にハワイに行ってみませんか。

ハワイは包み込むような優しさで、わたしたちを迎えてくれます。これからの一日一日を がんばって過ごそうと思える原動力をもらえる不思議な場所。ぜひ、その温もりに触れてみて下さい。

CTR IMG