マウナ・ケアの TMT(30メートル望遠鏡)建設問題 » 経緯と現状について / ハワイ島

TMT(30メートル望遠鏡)

もくじ

マウナケア 地図

マウナケア 地図

30メートル望遠鏡(TMT)とは Thirty Meter Telescope

次世代の巨大望遠鏡

Thirty Meter Telescope。通称 TMT。口径はその名にある通り30m。次世代の超大型光学赤外線望遠鏡となります。

ホヌ
ホヌP
何という どストレートなネーミング!

日本が誇る すばる望遠鏡 の口径が 8.2mですよ?どれだけ大きいんだ!

完成したら、すばるの3倍以上の大きさになるということですよね。高さは18階建てのビルに相当する模様。山頂での存在感、ハンパなさそう。

TMT 完成予想図

TMT 完成予想図 © 国立天文台TMT推進室 [ギャラリー]

TMT 完成予想図2

TMT 完成予想図2 © 国立天文台TMT推進室 / 4D2Uプロジェクト [ギャラリー]

上記2枚の画像は、国立天文台TMT推進室様より許可を得て掲載させて頂きました。

TMTは、アメリカ・カナダ・中国・インドとの共同プロジェクトであり、日本は望遠鏡の心臓部である主鏡や副鏡等、望遠鏡構造に関わる製作を担当しています。すばるの主鏡は一枚の鏡からできていますが、TMTは分割鏡。492枚の鏡を組み合わせて30mのサイズになります。

スポンサードリンク

TMT建設問題と現状

2014年から建設が始まり、2021年に稼働開始される予定だったTMT。しかし、地元からの反対運動が度々行われていたこともあり、そもそもその計画は、思うように進んでいませんでした。

裁判で建設許可が無効になるなどの紆余曲折もありましたが、2019年6月20日に州知事から建設許可が下りました。

2019年7月15日、いよいよ建設工事開始というところで、反対派からの激しい抗議デモが発生。座り込みが続いているために建設工事は開始できず、問題の落としどころも見つからず、ただ時間が過ぎている状況が続いています。

工事開始までの猶予は2年後の2021年9月26日。それまでに建設計画が撤回されることがあるのか、もしくは強行されるのか…。

どちらにしても、マウナケア山頂に行くことができない現在の状態は、数年単位で続くのではないでしょうか。ハワイ島好きとしては切ない問題です。

辿り着かない答え

今まで TMTの建設について、自分は好意的に見ていました。天文台は既に幾つもあるし、今までとそれほど変わらないと。しかし、ここまで反対の意志を見せつけられると、建設は間違っているのかなとも思えてきます。根深くて難しい問題ですね。

どちらにしても、第三者である観光客が口を出すべきではないと考えているので、意見は控えておきます。

2019年8月更新

これまでの経緯

問題発生の経緯を時系列で書いておきます。

2015年12月2日

マウナケア保護地区でのTMTの建設許可が無効であると、裁判所で判決が下りました。それに伴い建設計画も中断。現在は、2018年4月の工事再開を目標に、保護地区利用許可の再審査手続きが進められています。これが、計画通りに動けば2027年に完成予定。

2017年9月28日

ハワイ州土地・天然資源委員会が、TMTによる保護地区の利用を許可。住民の意見を尊重しながら計画を再始動。

2019年6月20日

ハワイ州のデーヴィット・イゲ州知事がTMT建設の着工許可を発行。

2019年7月15日

建設開始に伴い、マウナ・ケア・アクセス・ロードがクローズに。それに合わせて、その周辺に、建設反対派が数百人の単位で集結。座り込みなどの抗議デモが発生。

また、この日よりオニヅカ・センターやマウナケア山頂には行けない状態となりました。

2019年7月30日

デモ活動は続いています。

TMTの工事開始の期限は、当初2ヶ月間でしたが 2年延長されて 2021年9月26日までとなりました。この膠着状態が2年後まで続く可能性も。

2019年8月更新
フラガール
フラ姉
何とか落としどころが見つかりますように!
TMT(30メートル望遠鏡)
最新情報をチェック!
>ハワイへ行こう!

ハワイへ行こう!

日頃がんばっている お父さん、お母さん。自分へのご褒美にハワイに行ってみませんか。

ハワイは包み込むような優しさで、わたしたちを迎えてくれます。これからの一日一日を がんばって過ごそうと思える原動力をもらえる不思議な場所。ぜひ、その温もりに触れてみて下さい。

CTR IMG